マイドリンクに何を選ぶか

「自分のからだに合ったマイドリンクは、どのように選べばいいのでしょうか?」というご質問がありました。まずは、ご自分の体質を知ること、食材の性質を知ることが大切になります。体質を知る方法は様々ありますが、中医学的に体質を判断する方法のひとつである「寒・熱」でご自分の体質を判断してみてください。

体質 寒の体質 熱の体質
症状 冷えがある、寒がり、のどが渇かない、冷たいものは飲みたくない、顔色が青白いなど熱の体質 熱がりである、のどが渇く、冷たいものを飲みたがる、イライラするなど
対策 からだを温める食材を使う からだを冷ます食材を使う

実際のからだは、複雑に寒熱が混ざり合っている場合が多いのですが、注意深くご自分のからだを観察して、寒熱どちらに偏っているかを観察してみてください。

次に食材が、熱・温・平・涼・寒のどの性質を持っているかを知ることが大切です。

熱・温 からだを温める性質、熱は温よりからだを温める作用が強い
温めも冷ましもしない
涼・寒 からだを冷やす性質、寒は涼よりからだを冷ます作用が強い

例)
緑茶:微寒
紅茶:温
ジャスミン茶:温
コーヒー:微寒

お茶の種類によって寒熱だけでもこれだけの違いがあります。その他、食材の種類によって効能も異なります。中医学では、食材にもそれぞれ性味・帰経・効能の違いがあり、体質に合わせて選ぶことが養生につながると考えられています。ご自分の体質を知り、未病の予防のための養生法をご相談になりたい方は、漢方薬局ロチュスにお問い合わせください。